2016年06月04日

顔汗手術は副作用あり | ほぼ全ての人に代償性発汗

異常にでてしまう顔汗を改善するには、手術を受けるという手も考えられますが、

顔汗手術にはほぼ全ての人に副作用があるそうです。


顔汗の手術は発汗の指令を伝達する交感神経を切断する事で、

顔以外に手の平やワキの下、首筋の発汗を抑えます。

ですが、この手術を行うとほぼ全ての人に副作用として、

「代償性発汗」が起きるそうです。


代償製発汗は顔汗が出なくなった分、他の部分の発汗が多くなる事を言います。

個人差がありますが、中には代償性発汗のほうが手術前の汗の量よりも多く、

手術を受けたことを後悔する人も多いようです。

一度手術をするともう元には戻らないので、手術をする前は良く考えないといけません。


副作用のある手術をする前に一度サラフェを使って顔汗対策するのが良いと思います。

それでも症状が改善しないなら最後の手段として手術を検討してみて下さい。

顔汗予防にサラフェ